2012年12月22日

「2014年、中国は崩壊する」を読んだ

【書評】「2014年、中国は崩壊する」宇田川敬介著 ★★★★☆

実はKindle Paperwhite日本語版が届いて最初に読んだ和書がこれだ。最近はあまり関わっていないが、かつて私自身中国で商売をしていたことがあって、中国にはちょっと関心がある。この本で紹介されている「黒子」、つまり「ひとりっ子政策」下の中国では許されない第2子以降の戸籍を持たない人たちも、実際に知り合いに何人もいる。



大雑把に要約すると、つかみは尖閣で、ばくっと中国社会の成り立ちや地政学的なミッションを解説し、後半で中国が崩壊するシミュレーションを展開する、といった構成だ。「国の拡大主義は限界が近く、すでに自壊の徴候が現れている。習近平新体制への移行後、2014年に中国バブルの破裂から一党独裁体制は崩壊する。衝撃のシミュレーションを公開!」などという大仰なキャッチフレーズがついていたが、シミュレーション自体はそれほど衝撃的な内容でもなかった。

というのも、この手の中国崩壊シミュレーションものはこれまでも数多く出版されており、それらと比較して特に目新しいものは見当たらなかったからだ。中央の言うことを聞かなくなった地方政府が反乱・独立パターンと下層民の蜂起を軍が押さえきれずに政府崩壊パターンの2パターンが多いが、この本はどちらかというと後者に近いようだ。さんざん語られてきた中国崩壊の類型を出るものではなかった。

とはいえ、中国の文化や歴史、社会・経済の成り立ちの解説はわかりやすく、中国を理解する上で役に立つ。2014年に中国が崩壊するかどうかは別として、中国の政府や役人、一般人の行動原則がよくわかる。これから中国で商売しようとする人には一読を勧めたい。
posted by Fion at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

Amazon純正「Send to Kindle」がなかなか良い

Webサイトの記事をKindleに送るサービスについては以前にもいくつか紹介したが、しばらく前にAmazon純正の「Send to Kindle」がリリースされた。そこで遅ればせながらちょっと使ってみた。

「Send to Kindle」はGoogle ChromeとFire Fox用のプラグインがある。他にパソコン用とかも配信されているが、Webの記事を送るツールということでブラウザ用プラグインに注目してみる。



《Send to Kindle》

残念ながら今のところ日本のアマゾンでは配信されていないようだが、アメリカのAmazonのサイトで無料で配っている。セットアップはほんの1〜2分で済むが、利用するにはアメリカのAmazonのIDとパスワードが必要になる。

Send to Kindleへのリンク:
Send to Kindle for Chrome
Send to Kindle for FireFox

つまりは日本で買ったKindleだけでは使えないのだが、アメリカのAmazonにもアカウントを持っていれば、日本のアマゾンのアカウントと統合することで使うことができるようになる。

《使い勝手》

私はいろいろ試した結果、以前このブログでも「Kindlebility」として紹介したことがある「Tinderizer」を愛用しているので、それとの比較をしてみたい。

ブラウザで見つけた記事を開いた状態でボタンをクリックするだけで、記事をKindleに送ってくれるという基本的使い方は一緒だ。送った記事がKindleに届くまでの所要時間も大差ない。

レイアウト:Kindleに送られてきたときのレイアウトはちょっと違う。どっちが読みやすいかは好みの問題だろうが、Amazon純正の方がオリジナルのサイトのコンテンツに忠実に変換しているような気がする。

screenshot_2012_12_15T10_06_15+0900.png
Tinderizerのフォーマット

screenshot_2012_12_15T10_07_57+0900.png
Amazon純正Send to Kindleのフォーマット


プレビュー:Amazon純正のSend to Kindleにはプレビュー機能がついている。送る前にレイアウトを確認できるというわけだ。Tinderizerは単純でいいのだが、送ってみなければどうなってるかわからない。たまにレイアウト崩れや文字化けを起こしたりすることもあるので、事前に確認できるのは以外とありがたいかもしれない。

sendtokindle.png
Amazon純正Send to Kindleのメニュー


複数ページの対応:Amazon純正Send to Kindleはなかなか出来が良くて気に入ったのだが、ひとつTinderizerに比べて決定的な欠陥(とまで言えないかもしれないが)がある。よく長めの記事が複数ページに分割されてレイアウトされているサイトがあるが、Tinderizerは複数ページの記事を全部まとめてひとつのファイルに変換してくれるのだが、Amazon純正はそれができない。サイトに表示されているものがすべてだ。

複数ページの記事をKindleに送ることが多い私としては、結局Tinderizerに戻ってしまったが、Amazon純正の出来がいいだけにちょっと残念だ。


※ TindrizerはどうもKindlebilityが名前を変えたものらしい。中身はまったく一緒だ。

関連記事:
Kindlebilityを使う - 無料のKindle用Webクリッパー
posted by Fion at 10:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | キンドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

Kindle日本語版で使えないサービス

日本在住のKindleユーザとしては結構孤独な日々が続いていたが、日本語版Kindleが発売になって周囲にKindleユーザが増えてきた。先日もKindleを注文したという友人と、面白い本を紹介しあっていたときに、ふとKindleの貸し借り機能を思い出した。「よし、それじゃお前のKindleが届いたら、さっき話した本を貸してやる。2週間で読めよ。」と言って別れた。



ところが日本のアマゾンのサイトで自分の本をチェックしたら、当の貸し借り機能がついていない。便利な機能なのでちょっとがっかりだ。他にも日本で無効になっているサービスがあるかもしれないと思い調べてみたら、日本ではKindleアプリもiOSとAndroid用しか配信されていないようだしCloud Readerもない。なんだか初期のKindleに戻った気分だ。

《アメリカでやってる日本で使えないサービス》

貸し借り機能:自分の持っている本を他の人に貸すことができる機能。他の人から本を借りることもできる。この機能を使って、アメリカの図書館から本を借りることもできる。

無料Kindleアプリ:日本ではiOSとAndroid用だけしか配信してないみたいだが、アメリカのAmazonではWindowsやMac、BlackBerry、Windows Phone向けも配信されている。アメリカのアマゾンのアカウントを持っていて、日本語版Kindleを買った場合、アカウント統合すればiOSとAndroid以外のアプリも使えるが、日本語の本は表示できないようだ。(日本で買った英語の本はちゃんと読める)

Cloud Reader:アプリをインストールしなくても、ブラウザ上で電子書籍を読めるサービス。Google Chrome、FireFoxとSafariで使える。アカウント統合すれば日本からでも使用可能だが、やっぱり日本語のコンテンツは対応していない。

ざっとチェックしただけなので、まだあるかもしれない。


そのうち日本でもこれらのサービスを開始するんだろうか。ちと残念だ。ちなみに貸し借りに関しては、相手もアメリカのAmazonにアカウントを持っていて、アカウント統合をしていれば、アメリカのAmazon経由で貸し借り可能だ。でも、ちとめんどくさい。


関連記事:
日本にいながらアメリカの図書館で電子書籍を借りる
Kindleの電子書籍、貸出機能を早速チェック

posted by Fion at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | キンドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。