2012年12月28日

天才柳沢教授の生活(1)を読んだ

天才柳沢教授の生活(1)山下和美著 ★★★★☆

20年ほど前のことだと思うが、漫画好きの友人に「この主人公、お前の親父さんによく似てるぞ」と薦められ、1話か2話読んでみたことがある。当時の漫画は娯楽色が強いものというイメージが一般的だったので、中年親父が主人公というのが意外だった。しかも、亀有の両さんのようなハチャメチャな親父ではなく、うちの父と似ているという。



当時の父は民間企業に勤める真面目だけが取り柄のサラリーマンで、多少まじめの度が過ぎて変人扱いされることもあったが、至って平凡な人物だった。そんなもん題材にして娯楽作品になるのだろうかと、訝しながら手に取ったことを覚えている。

読んでみると、この作者もしかしてうちの父を見ていてこの作品を書いたのじゃないかと思うくらい柳沢教授の一挙手一投足は父そのものだった。70歳を目前にして突然運転免許の取得を思い立った父は、道交法を丸暗記して試験に臨み、免許取得後は若葉マークと枯葉マークを同時に装着して周囲を呆れさせたものだ。法廷速度を遵守し周囲の交通を乱していたらパトカーにもっとスピードを出して流れに乗るよう注意されたこともある。ただ、父は柳沢教授と違ってダンスの素養はない。

そんなわけで、私にとっては日常的にごく普通に接している光景と類似したものが淡々とつづられているわけで、父に対するものと同じような親近感は覚えたものの、やっぱりこんなもんが一般的に面白がられるものかよくわからない。とはいえ、この作品かなりの人気だったようで単行本でも30巻以上出版されている。世の中何がうけるかわからない。

その人気のおかげかKindle版で復刊された。今は525円だが最近まで99円だったので、懐かしさもあって買ってしまった。日本のKindle本もアメリカみたいにセールをやるようだ。500円出してまで買うほどではないので、2巻目以降は次のセールを待つことにしよう。
タグ:Kindle 漫画
posted by Fion at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310379439

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。