2012年12月15日

Amazon純正「Send to Kindle」がなかなか良い

Webサイトの記事をKindleに送るサービスについては以前にもいくつか紹介したが、しばらく前にAmazon純正の「Send to Kindle」がリリースされた。そこで遅ればせながらちょっと使ってみた。

「Send to Kindle」はGoogle ChromeとFire Fox用のプラグインがある。他にパソコン用とかも配信されているが、Webの記事を送るツールということでブラウザ用プラグインに注目してみる。



《Send to Kindle》

残念ながら今のところ日本のアマゾンでは配信されていないようだが、アメリカのAmazonのサイトで無料で配っている。セットアップはほんの1〜2分で済むが、利用するにはアメリカのAmazonのIDとパスワードが必要になる。

Send to Kindleへのリンク:
Send to Kindle for Chrome
Send to Kindle for FireFox

つまりは日本で買ったKindleだけでは使えないのだが、アメリカのAmazonにもアカウントを持っていれば、日本のアマゾンのアカウントと統合することで使うことができるようになる。

《使い勝手》

私はいろいろ試した結果、以前このブログでも「Kindlebility」として紹介したことがある「Tinderizer」を愛用しているので、それとの比較をしてみたい。

ブラウザで見つけた記事を開いた状態でボタンをクリックするだけで、記事をKindleに送ってくれるという基本的使い方は一緒だ。送った記事がKindleに届くまでの所要時間も大差ない。

レイアウト:Kindleに送られてきたときのレイアウトはちょっと違う。どっちが読みやすいかは好みの問題だろうが、Amazon純正の方がオリジナルのサイトのコンテンツに忠実に変換しているような気がする。

screenshot_2012_12_15T10_06_15+0900.png
Tinderizerのフォーマット

screenshot_2012_12_15T10_07_57+0900.png
Amazon純正Send to Kindleのフォーマット


プレビュー:Amazon純正のSend to Kindleにはプレビュー機能がついている。送る前にレイアウトを確認できるというわけだ。Tinderizerは単純でいいのだが、送ってみなければどうなってるかわからない。たまにレイアウト崩れや文字化けを起こしたりすることもあるので、事前に確認できるのは以外とありがたいかもしれない。

sendtokindle.png
Amazon純正Send to Kindleのメニュー


複数ページの対応:Amazon純正Send to Kindleはなかなか出来が良くて気に入ったのだが、ひとつTinderizerに比べて決定的な欠陥(とまで言えないかもしれないが)がある。よく長めの記事が複数ページに分割されてレイアウトされているサイトがあるが、Tinderizerは複数ページの記事を全部まとめてひとつのファイルに変換してくれるのだが、Amazon純正はそれができない。サイトに表示されているものがすべてだ。

複数ページの記事をKindleに送ることが多い私としては、結局Tinderizerに戻ってしまったが、Amazon純正の出来がいいだけにちょっと残念だ。


※ TindrizerはどうもKindlebilityが名前を変えたものらしい。中身はまったく一緒だ。

関連記事:
Kindlebilityを使う - 無料のKindle用Webクリッパー
posted by Fion at 10:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | キンドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AutoPagerを利用して複数ページを表示後にSend to Kindleするとまとめて送れますよ。お試しあれ。
Posted by Aquatimer69 at 2012年12月15日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/307730770

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。