2012年12月04日

Kindle PaperWhiteのバグ発見

そんなわけでかれこれ2週間ちょっとKindle PaperWhite日本語版を使っているが、バグをひとつ見つけた。PaperWhiteから追加された新しい機能の読書残り時間表示だが、これが本を読み進めていくうちに、どんどん増えていくのに気づいた。

PW1.png


PaperWhiteでは読書の残り時間を画面に表示させることができる。読んでいる本を開いた状態で、メニューから「読書の進捗状況」を開き、表示させたい項目を選択すればよい。標準言語を日本語に設定した状態で英語の本を読んでいると、残り時間が増えていく。日本語の本を読んでいる時は、ちゃんと減っていく。右綴じと左綴じを間違えているのかとも思ったが、今読んでいる章の残り時間は英語の本でも減っていくので、そう単純でもなさそうだ。

PW2.png


本を読んでいるときには表示も小さいし内容に熱中しているのでそれほど気にならないからいいのだが、Amazonに知らせたほうがいいだろうか。まあ、私が報告しなくても誰か几帳面な人が報告するだろうから放っておくことにする。


《Kindle PaperWhiteのスクリーンショットの撮り方》

ちなみにPaperWhiteのスクリーンショットの撮り方だが、隠しコマンドみたいなもので普通は気づかないだろう。画面右上と左下を同時に押すと、画面が一瞬フラッシュする。これでスクリーンショットが撮れている。撮れたスクリーンショットは、Kindleのルートに画像ファイルとして保存されるので、USBケーブルでパソコン等に接続して取り出せばよい。
posted by Fion at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | キンドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305239092

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。