2011年10月11日

アメリカ限定版Kindleを買ってみた

以前にもちらっと書いたことがあるが、通販大国アメリカには国外居住者のための転送サービスが充実している。アメリカ国内の住所を提供してくれて、アメリカ国内の通販で購入した品物を受け取って、国外に発送してくれるサービスだ。他にもアメリカ国内での購入代行をしてくれるところなど、いろいろある。そういうサービスを利用して、アメリカ国内限定の新型Kindleを買ってみた。

まず、今回発売になった複数の機種のうちどれを買うかだが、Kindle Fireはまず除外される。Kindle Fireは端末だけを見るとRIM社のPlayBookの廉価版みたいだが、アメリカ国外での用途が極端に限定される。Kindle FireはAmazonが提供するクラウドサービスと密接に連携して様々なサービスが提供されるようになっているのだが、このクラウドサービスが今のところアメリカ国内に限定されているからだ。つまりは、端末だけ持っていてもクラウドサービスが使えなければ、あんまり魅力ある端末ではない。

残るはKindle TouchとKindle4だが、Kindle4の広告無しバージョンは国外向けにも出荷している。日本からも購入できるわけだ。Kindle TouchとKindle4のどちらを買うかは、個人の嗜好や用途にもよるだろうが、今回は最安値で、今すぐ買えるKindle4広告付きを購入することにした。

《Shipito.comを使う》

http://www.shipito.com/

USA Address & Mail Forwarding



いろんな転送サービスの中から私が選んだのは、『Shipito.com』という会社だ。ここは登録するとアメリカや香港など幾つかの海外の住所が発行されて、都合の良い住所を使って商品を買うことができる。受け取った商品は世界中どこでも転送してくれるというサービスだ。いろんな契約オプションがあるが、個人ユーザで転送回数がそれほど多くない場合は、基本料金が無料のプランがある。つまり登録だけしておいてアメリカの住所をもらっても、使わなければお金を払う必要はない。モノを買って転送してもらう時だけ、手数料と送料を支払うという仕組みだ。

実は随分前に登録だけしておいて、ほとんど使わずに放ったらかしてあったのだが、今回広告付きKindle4を購入するにあたり、このサイトでもらったアメリカ国内の住所を送付先に指定して、難なくアメリカ限定版Kindle4を購入することができた。このShipitoは、昔は英語のみのサービスだったと思ったが、最近はサポートする言語が増えて、完璧じゃないが日本語でも手続きができるようになっている。支払いはクレジットカードとPayPalが使用できる。

《手順》

Amazonで発注し、しばらくすると発送しましたよ〜という連絡が来る。そこに書いてあるトラッキング番号をShipitoのサイトに予め登録しておくと、転送手続きがちょっと早くやってもらえるそうだが、めんどくさければやらなくてもいい。荷物がShipitoの指定した住所に届いたら、手数料と送料の見積もりが届く。Shipitoのサイトにログオンして支払いをすれば、すぐに転送してくれる。

手数料と送料については、予めデポジットを預けておくこともできる。必要な金額がデポジットで足りれば、支払い手続きをすっ飛ばしてすぐに転送してくれる。急いでいる場合は、Shipitoのサイトにある送料の簡易料金表を見て大体の金額を見積もって、予め送金しておくといいだろう。残金が出た場合は、後で返金してもらうこともできるし、次の時に備えてそのままデポジットしておいてもいい。

品物の発送が完了すると、Shipitoからメールで詳細が届く。サイトにログオンすると、荷物の写真や形状、発送するために作ったInvoiceなどを見ることができて親切だ。後は自宅に荷物が届くのを待つだけだ。

《感想》

そんなわけで、新型Kindle4広告付きをゲットして、目下遊んでいる最中だ。Kindle4の広告無しバージョンは日本にいても買えるから、わざわざこんなことしなくても良かったのだが、どんな広告が出てくるのかちょっと興味もあったし、こっちの方がちょっと安い。Kindle Touchが欲しい場合もこの方法が使えるだろう。TouchはFireとちがって、既存のKindleの延長線上にあるような端末で、出荷の地域制限はあるもののKindle4同様、本を買って読む分には地域制限はない。Kindle4との違いは、タッチスクリーンであること、オーディオ機能があること、QWERTYキーボードが出てくること(Kindle4のキーボードはアルファベット順)くらいだが、端末のキーボードを多用する人はQWERTYの方が使いやすいかもしれない。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ
タグ:Kindle Amazon
posted by Fion at 09:07 | Comment(17) | TrackBack(0) | キンドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
商品を転送してくれるなんて、おもしろいサービスがあるのですね。
教えていただいてありがとうございました。
Posted by ゆうこ at 2011年10月11日 12:38
ゆうこさん、コメント有難うございます。Kindleを買うんじゃなくても、いろいろ活用できそうな便利なサービスです。
Posted by Fion at 2011年10月11日 12:49
とても役立つ情報をいただき感謝します。

普段、アメリカ国外に送付してくれないお店のものはあきらめてましたが、今回はどうしてもTouchの3G(Touchでなくてもいいのですが、3Gが欲しいのです)を買いたくて、でも日本発売時期が未定なので、Kindle4をしょうがなく買いました。Kindle3のキーボード部分がずっと邪魔だったんです。4になって大きさも軽さもすごく気に入ってますが3Gでないことだけが不便でした。

早速Touch3Gを予約してみます。ありがとうございました。
Posted by Rilla at 2011年10月14日 23:41
Rillaさん、コメント有難うございます。
お役に立てれば嬉しいです。

でも、Touchの3Gは機能が大幅に制限されて、Kindle ShopとWikipediaしかつながらないそうなので、ご注意ください。
Posted by Fion at 2011年10月15日 06:20
大丈夫ですよ〜。

私にとってKindleはまさに「持ち歩ける本屋と書庫」なんです。なのでWebは全く不要なんです。通勤電車の混み具合によってKindleとスマホのどちらかで読んで、職場で昼休みに続きをPCで読むので、Syncできないととても不便なんです。

12月ごろTouchが届くのが楽しみです!
Posted by Rilla at 2011年10月15日 19:29
クラウドの利用により、
スマートフォンの内容が豊富になってきました。
クラウドの応用はパソコンではなく、
スマートフォンの中でますます多くなりましたね。
確かに科学進歩がいいですね〜
Posted by 仮想化技術 at 2011年11月01日 18:40
こんにちは。

現在一ヶ月ほどアメリカに滞在してるので広告なし版を買おうかと思ってますが日本での使用に支障がないか気にしております。

Kindle書籍の購入等問題なく行えてるでしょうか?
一部の動画サービスのように通信もとの国をIPアドレスで判別して接続を拒否したりしてないでしょうか?
Posted by けんた at 2011年11月14日 13:40
こんにちは。

現在一ヶ月ほどアメリカに滞在してるので広告あり版を買おうかと思ってますが日本での使用に支障がないか気にしております。

Kindle書籍の購入等問題なく行えてるでしょうか?
一部の動画サービスのように通信もとの国をIPアドレスで判別して接続を拒否したりしてないでしょうか?
Posted by けんた at 2011年11月14日 13:40
大変すみません。修正しようと思ったらうまくいかずに二つ投稿されてしまいました。

広告アリ版の購入を考えてます。一つ目の質問とこの投稿は削除願います。

お手数おかけします
Posted by けんた at 2011年11月14日 13:43
けんたさん、

電子書籍の購入やWebの閲覧については、IPアドレスで判別していないようで、アメリカ以外の場所にいても問題なく使えます。私も広告付きKindleを購入しましたが、問題なく使えます。広告もちゃんと表示されてます。

Amazonのサイトで自分の住所をアメリカ国内に設定しておけば、アメリカ限定の書籍でも日本から購入することができます。

ちなみに、日本の住所を登録すると、同じ書籍や雑誌でもアメリカで買うより高くなる場合があるので、住所はアメリカのままにしておいた方がいいと思います。

IPアドレスで使用制限がかかっているのは、今のところ動画や音楽、一部の雑誌のみのようです。
Posted by Fion at 2011年11月14日 16:03
こんにちは。先日こちらでshipito.comをお教えいただき、Kindle Touchを注文した者です。

ShipitoからFedExにて昨日関空到着、その後税関で止まっているようです。

A Personal Effects form or self-clearance is required.

というステータスなのですが、Fionさんは輸入時、スムーズにいきましたか?

FedExに電話したところ、「自身がアメリカで使用していたものを日本に送ろうとしていると判断されている模様」と言われましたので、状況は説明したのですが、連絡待ちです。

関税チェックがここまで厳しいなら、チェックのゆるい郵便にすれば良かったと後悔してます。料金がほとんど同じだったので、早いほうを選んだのですが、裏目に出ました〜また結果をご報告いたします。
Posted by Rilla at 2011年11月21日 09:16
Rillaさん、

災難でしたね。私は1台目のKindleを購入したときに通関でひっかかりましたが、今回はEMSを指定したためか、すんなり来ました。最近はEMSも結構早いですよ。
Posted by Fion at 2011年11月22日 11:00
その後、昨日午後に無事通関処理が終わり、さきほどちょうど昼休みに配達されました。外資系は再配達サービスがあまりよくないので職場あてにして正解でした。

今後は絶対にUSPSにしようと思います。日本の空港に着いてからの処理の速さと再配達のサービスは郵便局が一番ですね。

Touch 3Gは期待通りでとても使いやすいです。Shipitoを紹介していただき本当に感謝いたします。

今後はEinkのカラー版を搭載したKindle Touch Colorなんていうものが出るのを期待しますが、Fireタイプのタブレットが主流になって、「本のみ」の機器はこれ以上展開しないかもしれませんね。

ありがとうございました!!
Posted by Rilla at 2011年11月22日 13:07
はじめまして。
Kindle touch 広告付きを購入予定なのですが、子供にも使わせようかと考えているため、広告の内容が気になっています。
どんな内容の広告が載るのか、教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。
Posted by みかん at 2011年12月03日 19:31
みかんさん、

コメント有難うございます。
広告ですが、私はむしろオリジナルのスクリーンセーバーより気に入っています。

内容的には、アメリカ国内向けで、スマートフォンやクレジットカードの広告が多いようです。他に、Amazonのセールの広告などが出てきますが、どれもデザイン性が高くてセンスも良く、見ていても楽しめるものが多いです。

子供向けに不適切な内容のものは、今のところ表示されたことはありません。
Posted by Fion at 2011年12月06日 08:47
はじめまして。
いつも参考にさせていただいています。
こちらの記事を拝見して、Touchの3Gにとても興味を持っています。
shipitoは私も登録しているのですが、使用したことがありません。
実際は送料はどのくらいかかりましたか?
Posted by Yumiko at 2011年12月08日 23:07
Yumikoさん、

ご参考までに、私がTouch3GをShipitoからFedExで日本へ送ったときは、30ドルくらいでした。そして、1500円の関税の請求が後で届きました・・・

早く欲しかったのでFedExにしたのですが税関でもひっかかり、送料も高く付いたので、USPS(郵便)をおすすめします。

ちなみにTouchはすごく気に入っています。Kindle3台目ですが、一段と使いやすさを感じます。

Posted by Rilla at 2011年12月16日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。