2011年07月13日

Google用電子書籍リーダー:アイリバーStory HD

アイリバーがGoogleと組んで電子書籍端末を出すんだそうだ。パッと見た感じではKindleによく似た端末だ。大きさや重さも含めて、ちょうどKindle2みたいな感じだ。現状最新のKindle3に比べると一回りでかいが、ちょいと軽い。タッチパネルじゃなくてQWERTYキーボードが付いているのも、Kindleと似ている。WiFiは搭載しているけど、3Gはないようだ。読める電子書籍フォーマットは、EPUB、テキスト、PDFだそうだ。特徴的なのは、電子書籍フォーマット以外に標準でWordやExcel、PowerPoint等のリーダーが装備されていることくらいか。端末をハードとして見る限り、他の電子書籍端末と比べてもそう見劣りしないし、140ドルという値段設定もいい線いっている。(アイリバーのStory HD詳細はこちら



だが、何度も書いているように、電子書籍リーダーは端末の性能だけで決めるわけにはいかない。Google Booksは以前はアメリカ国外からも問題なく使えたのだが、Googleが本格的に電子書籍販売を目指す事になって以降、アメリカ国外からの利用が書籍の検索と無料のパブリックドメインの本に限定されるようになった。そんなわけで、Googleの電子書籍リーダーが発売されても日本にいる限り使えない。まあGoogleのやることだから、そのうちアメリカ以外でも使えるように鳴るのかもしれないが、今回発売される端末が英語しかサポートしてないようだし、日本で使えるようになるのはだいぶ先の事だろう。

仮に日本でも使えるとして、Google Booksの品揃えだが、300万タイトルを超えるのだそうだ。AmazonのKindle用電子書籍が90万タイトルちょっと(本日現在のAmazonサイトに書いてある数字)だから、数の上ではGoogleがはるかに凌駕する。だが、現状そのほとんどがいわゆるPublic Domainといわれる著作権の切れた古典作品だ。近代以前の文学研究者とか、古典好き、歴史研究者等にはうれしいアーカイブだが、多くの一般的な読書好きにはちょと物足りないだろう。何年かすればもうちょっと充実してくるんだろうけど、今のところ現代の著作に限っていえばGoogle Booksを使う積極的な理由はあまりない。



たまたま、こんな記事を見つけた。Public Domain以外の電子書籍 - つまり販売用の本をGoogle BooksとAmazonで比べてみたそうだ。Googleで14.72ドルで売っているこの本だが、AmazonのKindleショップでは0.99ドルだそうだ。これだけ値段に差があると、Kindleで買うのはむしろ当然だろう。



他にもいろいろ細かいことがあるらしい。このGoogle Books用端末はGoogle Books以外の電子書籍サイトからは電子書籍を購入できないらしいとか、この端末で購入した電子書籍ファイルを別の端末で読むことができないらしいとか、いろんな噂が出回っている。近いうちに実物のレポートがいろんなサイトに乗るだろうから、そしたらまた検証してみようと思う。




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ
posted by Fion at 13:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ITメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デスクトップを仮想化すると、サーバー側にそれぞれのユーザーのPCが存在しています。
ユーザーは実際には目の前にはないPCを、リモートから操作することになりますね〜
そうしたら、セキュリティだし、コストも減りますね〜
Posted by 仮想化技術 at 2011年11月07日 23:11
世界最大級のSNS!フェイスブックの会員数は世界一!そんなフェイスブックだからこそ新たなチャンスは無限大なのです。あなたのオリジナルの使い方で私生活をより良いものにして下さい
Posted by フェイスブック at 2011年11月08日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。