2011年06月14日

Open Libraryの本をチェックしてみた

Open Libraryというサイトがある。詳しいことは最新号のOnDeckに書いてあるが、要するにオンラインの図書館だ。無料で自由にダウンロード出来る電子書籍ファイルがたくさんある。また、ユーザ登録すれば借りられる電子書籍ファイルもある。フリーダウンロードについては、ユーザ登録は不要だ。サイトの説明を読むと、いわゆるオープンソースタイプの電子図書館で、誰でも書籍のアップロードや編集などで参加できるようになっている。

貸出用に登録されている書籍は、著作権は切れていないけど絶版になっているものが多いようだ。一方、無料ダウンロードが可能な書籍は、著作権の切れた古い作品ということらしい。

http://openlibrary.org/

Welcome to Open Library



ちょっと興味があったので、無料で配っている古い書籍の中で、かのアダム・スミスの国富論をチェックしてみた。こういう古い本は、どこかの図書館に保管されている現物をスキャンしているらしい。サイトには電子書籍ビューワが埋めこまれているので、その場でパソコンで読むことも出来る。パソコンで閲覧すると、スキャンしたままの画像情報を見ることができる。手書きのメモなどが残っていたりして、なかなか臨場感がある。

つい最近このリーダアプリがアップグレードされて、だいぶ読みやすくなったが、スキャン画像のままのものは、拡大縮小表示したときに水平方向にスクロールできないのがちょっと残念だ。まあ、そのうち改善されるだろう。ダウンロード用には、表紙など一部の画像情報以外はテキスト化されている。

ちょっとびっくりしたのが、ダウンロード出来るファイルのフォーマットが意外と豊富だったことだ。といっても、貸出用の書籍については今のところPDFとEPUBに限られているが、そのうちKindleでもEPUBが読めるようになりそうなので、あまり支障はないだろう。無料本の方は、PDFやEPUBはもちろん、MOBIもサポートしている上に、「Send to Kindle」という機能もあって直接自分のKindle端末に送ることも出来る。試しに「Send to Kindle」をクリックしてみたら、Amazonのサイトが開いて、そこからKindle用のメールアドレス宛に書籍ファイルが送信される仕掛けになっていた。また、テキストファイルも公開されていて、いろいろ使い道がありそうだ。まだ収録されている蔵書点数が少ないが、これからどんどん増えていくんだろうし、貸出本も充実してくればかなり期待できそうだ。

ところで、肝心の国富論だが、OCRの読み取りミスがそのままテキスト化されていて、最初は面食らった。私がダウンロードしたのは、1778年出版の第2版だが、活字の書体も独特なので、現代のフォントを読み取るよりもミスは発生しやすいようだ。それをボランティア・ユーザが、少しずつ修正しているんだろう。実用レベルになるにはまだ時間がかかりそうだが、貴重な古い出版物をスキャンした画像情報に、世界中どこにいてもアクセス出来るのというのは非常に有用だ。中身が充実してくれば、いろんな分野の研究者にとっても有効なサイトになる。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ

posted by Fion at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Webサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。