2011年05月02日

Apple、電子雑誌のアプリ内課金で態度軟化か

さすがのAppleも強気を通しきれなかったのか、Time社の一部人気雑誌について紙版の定期購読者に対するiPad向け電子書籍版の無料提供サービスを認めることになったのだそうだ。いずれこういう事になるんじゃないかと思ってはいたが、Appleはもうちょっと粘るかと思っていたので、ちょっと驚いた。なにしろ、電子雑誌のアプリ内課金を巡るAppleと出版社の対立が勃発したのは、確か今年の正月早々だった。



とはいえ、今回の措置はとりあえずTime社のいくつかの人気雑誌のみを対象にしているようで、Appleの全般的な軟化の兆しかどうかはよくわからない。この記事でも伝えているように、詳細は不明ながら紙版の雑誌の上がりの一部をAppleが取るような形になっている可能性は高い。とするとTime社のような大手で且つ部数が見込める人気雑誌じゃなければ難しいスキームなのかもしれない。

Appleの態度硬化以降、脱iOS化の動きを見せる出版社が相次いだが、一方でAppleの意向に迎合する動きもたくさんあったわけで、そんなことにビビったわけじゃないだろう。やっぱりTime社の人気雑誌をコンテンツに取り込めないデメリットを考慮しての対応と考えるほうが自然な気がする。そんなことやってると、iPadでは大手出版社の人気コンテンツしか読めなくなる。なんだか、売れ筋しか店頭に並べない最近の本屋みたいだ。

まあ、多機能端末のiPadでは、本や雑誌を読む以外にもいろいろやることはあるし、売れ筋だけ揃っていれば十分なのかもしれないが、本や雑誌を読むのがメインのユーザにとってはちょいと窮屈なことになりそうだ。


関連記事:
Apple、iPad用無料電子雑誌を禁止 | Fionの与太話(2011年1月16日)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ
posted by Fion at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。