2011年04月08日

Apple:LCD + EInk ハイブリッドディスプレイ

Appleも電子書籍端末でよく使われるEInkディスプレイのメリットに無関心だったわけじゃないようだ。Apple Insiderによると、もしかしたら次のiPadはEInkとLCDが自在に切り替えられるハイブリッドディスプレイを搭載するかもしれないというのだ。しかもこのパテント、申請したのは2009年だ。なんだ、初代iPad発売前からEInkに興味あったんじゃん。

iPadは多目的タブレット端末としては、当然のことながら本を読むくらいしかできないKindleよりはるかに優れているわけだが、いかんせん「本を読む」には重くてデカイし、目はチラチラするし、1〜2週間充電不要なKindleに比べればバッテリーの持ちは悪い。ハイブリッドディスプレイが実現したら、電子書籍フリークが感じるiPadのデメリットの多くは解消するかもしれない。

http://www.appleinsider.com/articles/11/04/07/apple_exploring_hybrid_e_ink_lcd_displays_with_independent_regions.html

Apple exploring hybrid e-ink-LCD displays with independent regions | AppleInsider



この記事によれば、LCD又はOLEDのディスプレイの上に半透明の電子ペーパーの層を乗せて、その上にタッチスクリーンの層を乗っける3層構造のスクリーンを作り、LCD部分と電子ペーパー部分をそれぞれ独立にOn/Offできるようにするんだそうだ。ちょっとすごいのが、このハイブリッドディスプレイ、部分的にLCDや電子ペーパーのOn/Offもできるようにするらしい。考えたな。

Hybrid display

3層構造のハイブリッドディスプレイ



これが実現すれば、本を読むときには電子ペーパーモードにして、ゲームや動画を楽しむ時にはLCDモードにするなんて使い道も考えられる。また、バッテリーの残量が少ない時には電子ペーパーモードにして節電してもいいだろう。EInkとLCDの組み合わせで、おもしろいグラフィック表現が可能になるかもしれない。なかなか面白そうだ。

とはいえ、iPadでこれが実現したとしても、重くてデカイのは多分変わらないだろうし、KindleアプリがiOSから本当に追い出されるんなら、iPadで読めるEInk向け電子書籍の品揃えは貧弱だ。Mirasolのカラー電子ペーパー搭載の小型Androidタブレットが出たら、そっち買いそうだ。


参照記事:
Mirasol's hybrid display promises the best of everything | DVICE(2011年1月7日)

関連記事:
カラー電子ペーパー戦況 | Fionの与太話(2011年1月9日)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ



追記:Mirasolのカラー電子ペーパーディスプレイ

Mirasolのカラー電子ペーパーディスプレイ

posted by Fion at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。