2011年03月23日

iPad用電子雑誌「Project」無料化のインパクト

Appleのちょっと強硬な電子書籍の課金ルール適用を受けて、これまで有料で販売されていたiPad用電子雑誌「Project」が無料化に踏み切ったそうだ。といっても、とりあえず次号を実験的に無料にするということで、それ以降はよくわからない。上がりは広告収入に絞って、読者への課金を廃した代わりに、Appleに3割上納をせずに済む。紙の雑誌だってフリーペーパーが流行っているんだから、デジタルコンテンツで同じことをやって悪い道理はない。まあ、採算があうだけ広告を集められる雑誌に限られるだろうが、これもひとつの方向性だ。



雑誌や新聞なら広告をいっぱい載せてあってもあんまり抵抗はないし、そのおかげで無料になっているのも理解しやすい。でも、いわゆる本というか書籍については、ちょっと抵抗あるだろう。小説を読んでいてあちこちに広告があったらちょっと目障りかもしれない。まあ、慣れの問題かもしれないが、それでも書籍のコンテンツに広告はあまり馴染まないだろう。

いわゆる電子書籍コンテンツは、KindleやNookのアプリの動向も気になるが、Appleが今の姿勢を崩さない限り、徐々にiOSから撤退の方向に動くことは十分ありうる。一方雑誌・新聞などは、この「Project」のように広告で収益を上げて本体には課金しないスタイルが浸透する可能性も無視できない。するとAppleが自前で取り揃えたiBook Storeとか電子雑誌・新聞コンテンツ以外は無料か撤退という動きになりかねない。そんなことをちょっと考えてみた。野次馬的には、iOSをめぐる出版社の動向はしばらく面白そうだ。

個人的には、Kindleも持っている以上、あんまりiPadで本を読む気にはなれない。でかくて重くて掴みどころがないから落としそうだし、保護のためのケースをつければ嵩張るし、目は疲れるし、iPadは本を読むのがメインの私にはあまり向かない。紙の本やKindleで読んでも同じ内容の書籍だったら、iPadを使う理由はない。わざわざiPadで電子出版物を楽しむのであれば、iPadならではの表現力に飛んだコンテンツを期待したい。でも、そんなコンテンツは多分後発のAndroidタブレットでも多分楽しめるだろうし、Appleこれからどうする?



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ
posted by Fion at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック