2011年03月18日

Kindle用テキストエディタ Notepadを使ってみる

ようやくKindleにも、ちゃんと使えるテキストエディタが登場したようだ。これまでにもKindle用にリリースされたテキストエディタやメモ帳の類はいくつかあったが、使い勝手が悪くあまり評判の良いものではなかった。昨日発売になったその名も「Notepad」は、ちゃんと使えてなかなかいい。もともとKindleには電子書籍を読む以外の機能はあまり期待していなかっただけに、ちょこちょこ便利なツールが揃ってくると結構うれしいものだ。



まあ、Kindleのキーボードでは、長文を書くのに向かないのは明らかだが、メモくらいの長さだったらなんとかなる。使い道はそれこそ人それぞれだろうけど、私の場合は今となってはKindleは常時携帯しているので、Kindleでメモが取れたら重宝すると思う。

さて、使い勝手だが、このアプリを購入すると、他の電子書籍と同じように一覧に並ぶ。起動方法は、電子書籍を開くときと全く同じだ。起動すると、最初にノートの一覧が表示されるが、最初は当然何もない。というか、ひとつだけ「Welcome note」という文書のみが登録されている。この「Welcome note」には、Notepadを使うときに便利なショートカットの一覧が載っているので、消さずに持っておいたほうが便利かもしれない。

Notepad


この一覧画面で、上の方に「search by keyword」という欄があるが、ここに適当なキーワードを入れるとgrep検索してくれる。つまり、タイトル又は本文中にそのキーワードを含むメモを一覧表示してくれるわけだ。昨日から使い始めたばかりだから検索しなければならないほどノートがあるわけじゃないが、解説ビデオを見ると重宝しそうだ。

http://kappreview.com/2011/03/17/kindle-notepad-video/

Notepadの使い方ビデオ



作成したノートは、Kindleの内部メモリにテキストファイルとして保存されるので、KindleをUSBとかでパソコンにつなげば、パソコンに取り込むこともできる。ファイルが保存される場所はちょっとトリッキーで、Notepadを起動するとKindleのルートに「.active-content-data」というフォルダが作成される。その中に「8a5982e82ae68fb2012bc688405e0026」みたいなややこしい名前のフォルダが5個作成され、それぞれ「metadata」と「work」というサブフォルダが入っている。どれかひとつだけ「work」フォルダの中に「user」というサブフォルダがあって、その中にノートのテキストファイルが格納されている。探すのがちょっとめんどいが、一度見つけてしまえばどってことはない。

ちなみにショートカットは以下のとおり。
ノート一覧ページのショートカット
Alt+N - 新しいノートを作成
DEL - ノートを削除
Alt+F - ノートの名前を変更
Alt+D - ノートを並べ替える

ノート編集ページのショートカット
Alt+S - 保存
Alt+V - 名前をつけて保存(今のノートを違う名前で保存するとき)
Alt+X - 保存して終了
Alt+C - キャンセル

文字の入力は、思った以上にサクサク動いて快適だ。また、現在のところアメリカ限定、英語のみだが、「アメリカ限定」の部分は例によってKindleの登録住所をアメリカにしておけば回避できる。いたってシンプルな機能しか持っていないが、まあこれで1ドルなら文句はない。Kindleユーザ必須のアプリになりそうだ。ちなみに、Kindle 1では動かないので要注意。Kindle2以降のバージョンでは動作確認できているそうだ。


関連記事:
キンドルのアメリカ限定サービス| Fionの与太話(2010年10月25日) - アメリカ限定の電子書籍やKindleアプリを日本で購入する


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へブログランキング・にほんブログ村へ

posted by Fion at 10:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | キンドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Fionさん、こんにちは。Kindleについての実践的な話題が乏しい中で、貴重な情報をいただいています。私はiPad, Kindle 2, Kindle 3 で遊んでいますが、常時携帯用のメモ機としてのKindleの潜在能力を高く評価しています。ただ、実用的なテキスト・エディタが存在しなかったのが残念です。7 Dragons によるNotepadの提供は朗報ですが、米国外での販売はいつになるのでしょう? Notepadについてのディスカッション上ではAmnazonがKindle Appsを国際市場に出す決定をする時期について "in the near of midterm future" と推測されていましたが、日本にも早く提供されることを願っています。毎回の貴重な情報へのお礼を兼ねて願いを書いておきました。
Posted by Nanogardens at 2011年03月22日 10:28
Nanogardensさん、コメントありがとうございます。Notepadが日本でも買えるようになって、ついでに日本語入力が出来るようになるといいですね。

ちなみに、AmazonのKindleように登録している住所を米国内に変更するだけで、アメリカにいなくてもアメリカ限定のアプリや電子書籍が買えるようになります。

一説に、「Manage your kindle」のページで「Your country」をアメリカに変更するだけでも大丈夫だったという人もいます。

http://fionfion.seesaa.net/article/167108415.html
Posted by Fion at 2011年03月22日 17:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。