2010年12月06日

Google Chrome 8のPDFビューワ

先日リリースになったGoogle Chrome 8を入れてみた。パッと見あんまり変わらないが、新しくChromeに内蔵されたPDFビューワは結構便利だ。

《機動性》

Chrome内蔵のPDFビューワは、PDFファイルの表示はけっこう速い。最近はAdobe Readerも大分速くなっているが、Web上に置いてあるPDFファイルを開くのにかかる時間を比べてみたら、平均するとChromeのほうが若干速く感じる。小さいファイルでは差がわからないので、試しにソニーのIR資料室へ行って一番でかいPDFファイル(10Mくらい)を開いて比べてみたが、Chromeの方が10秒ほど早くダウンロードが終わった。この数字は当然回線状況によっても変わってくるだろうが、この比較自体はおなじ条件でやってみた。それほど顕著な差があるわけではないが、少しでも速いに越したことはない。



《機能》

表示するのは速いが、Chrome内蔵ビューワは拡大縮小くらいしか機能がない。非常にシンプルな作りだ。一方、Adobe Readerで開くと表示に多少時間はかかるが、ページ表示ができるので、ページ数が多い文書を見るときはこちらの方が使い勝手がいい。他にAdobe Readerの場合は、印刷や保存等のボタンが表示されるので分かりやすい。

Chromeの場合も印刷や保存(ダウンロード)はできるので、ページ表示ができるかどうか以外は、実質あまり機能に差はない。ただし、Chromeの場合、Adobe Readerのように「印刷」とか「保存」用のボタンがあるわけではなく、表示したPDFファイルの画面を右クリックして「印刷」したり「保存」したりするようになっている。パソコンに慣れていない人には、ちょっと分かりにくいかもしれないが、パソコンに慣れていない人は、わざわざChromeをインストールすることもないだろう。ここで「保存」をしようとすると、ちゃんとPDFファイルとして保存できる。

《Chrome内蔵ビューワを使いたくないとき》

いろいろやってみたが、Chrome内蔵ビューワで大抵のPDFファイルは正常に表示できる。ただし、一部の特殊なPDFファイルについては表示できないものもたまにあるようだ。私の場合、文書管理システム内のセキュリティがかかったPDFファイルはChromeのビューワでは表示できなかった。

そんな場合、内蔵のビューワを切っておかないと、目的のPDFファイルが開けないということもあるわけで、切り方を調べてみた。

Chrome内蔵PDFビューワの切り方

1.Chromeを開いてアドレスバーに「about:plugins」と入力してEnterを押す
2.Chromeのプラグインの一覧が表示されるので、「Chrome PDF Viewer」を探して、「無効にする」のリンクをクリックする

ONにするときも同じ要領だ。

《ローカルのPDFファイルも開ける》

Chromeというブラウザに内蔵されているので、Web上のPDFファイルしか開けないと思っている人もいるようだが、別にローカルにあるPDFファイルだってこれで開くことができる。開くプログラムとしてChromeを指定すれば、普通のPDFファイルもChoromeのPDFビューワで表示される。だから、極端な話ChromeをインストールしておけばAdobe Readerや他のPDFビューワをインストールする必要はない。

ネットブックなど非力なマシンには、なるべく余分なものをインストールせずに負荷をかけずに済ませたいものだ。Adobe Readerは結構重いので、こんな場合は助かる。

【まとめ】

Chrome PDF Viewerは表示も早いし、インストール不要なのでなかなか良い。ローカルのPDFファイルも開くことができるので、個人使用のネットブックなどにはいいだろう。難点を言えば、ページ表示ができないので、ページ数が多いPDFファイルを扱うときはちょっと不便だ。まあ、これもそのうち改善するかもしれない。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログランキング




人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by Fion at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。