2010年09月11日

Web会議が普及しない理由

911の直後に、うちの会社ではテレビ会議とWebExを導入した。経費削減というよりは、飛行機に乗るのが怖いといった理由だった。最初のうちこそ、時々使われていたが、ここ数年はせいぜい年に1〜2回程度しか使われてない。喉元過ぎて、熱さをすっかり忘れきって、バンバン海外出張に出かけている。OCSの導入も検討されていたが、いつの間にか立ち消えになってしまった。

そんな中、今度は経費削減を目的にV-CubeのWeb会議が導入された。WebExよりずっと使いやすいし、OCSより遥かに安価だ。ネットのチャットやSkypeをやっている人だったら、簡単に使えるだろうと思っていたのだが、蓋を開けてみればSkypeユーザは社内にほどんどいなかったようだ。

http://www.nice2meet.us/


V-Cubeのシステムは、なかなか良い。Webカメラとヘッドセットをつないで、V-Cubeのサイトにログオンするだけだ。あとは、空いている会議室に入室して、会議をすればいい。相手がV-Cubeのアカウントを持っていなければ、会議室の中から招待メールを送る。相手は、受け取ったメールのリンクをクリックするだけで、直接会議室に入室できるという仕掛けだ。

ホワイトボードという機能があって、WordやExcel、プレゼンのファイルなどをアップロードできる。画面上で指さしたり、下線を引いたりメモを書き込んだりできる。会議を録画しておくこともできる。便利なのは、二人以上入室すると会議が始まったとみなして、自動で議事録を作成してくれる。ネットにつながっていれば、どこからでも利用出来る。最近は、iPadもサポートし始めた。

そんなわけで、横着な私は早速使い始めた。1〜2時間の会議のためだけに、長時間電車や飛行機に乗って、往復移動するのはバカバカしいと、以前から思っていたからだ。取引先でも、付き合ってくれそうなところは説得して、V-Cubeで打ち合わせを済ませるようにしはじめた。

ところが、Web会議はあまり評判がよろしくない。試験的に使ってみるという人もいるが、あんまり使われていないのが実情だ。たまに使っているのを見かけても、Webで資料を共有しながら、隣に電話機を置いて、電話会議を同時進行している事が多い。わざわざ余分に電話代をかけるのは、正直あまり理解出来ない。

聞いてみると、ヘッドセットが元凶のようだ。ヘアスタイルが崩れるとか、耳からすぐ取れるとか、イヤリングに引っかかるとか、禿げた頭に冷たいとか、理由は様々だが、とにかくヘッドセットは嫌われ者だ。妙なものがテクノロジーの妨げになるもんだ。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログランキング




人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by Fion at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Webサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162207790

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。