2010年08月24日

Toshiba SmartPadの噂

東芝がiPadに対向するタブレット端末を開発しているらしい、という噂はよく耳にするが、実際のところはよくわからない。いずれ待っていれば、ちゃんと発表されるんだろうけど、Dynabook AZとかLibretto W100のような意欲的(?)な端末を発表した東芝だけに、ちょっと気になる。

そんな中、イタリアのパソコン関連ニュースサイト「Notebook ITALIA」で、かなり詳細な情報を見つけた。それによると9月のIFA 2010で、多分正式に発表されるだろうとしながら、端末の写真を何点か掲載している。

http://notebookitalia.it/nuovo-tablet-toshiba-immagini-anteprima-9110


Nvidia Tegra 2(多分1GHz)を採用、10インチのLEDタッチパネルディスプレイ搭載、その他、Webカメラ、スピーカー2個、USBポートが2個(1個はミニポート)、HDMIポート、カードスロット(SDカード用か?)もついている。電源ポートとは別に、コネクタポートが付いていて、Notebook ITALIAによれば、クレードルかドッキングステーションに乗せて使えるのではないかという。



OSはAndroidだが、Notebook ITALIAによれば、Windows7搭載モデルもあるらしい。名称は未確認ながら、「Toshiba SmartPad」というらしい。ちょっとかっこいい。

ドッキングポートか?



いろんなポートがついている



【気になるところ】

天下の東芝だから、先行するiPadも研究しているだろうし、そこそここなれたものを出してくるだろうと期待したい。記事ではわからないけど、気になるところは、まず通信手段だ。オーソドックスに3G+WiFiといったところだろうか。WiMaxが積んであれば、ちょっと面白い。

あとは、メモリの容量、バッテリー駆動時間、端末の重量あたりが気になる。ディスプレイが10インチだとすると、7.5インチのiPadよりもだいぶでかい。その分重くなるんだろうけど、どのくらいで抑えてくるか興味がある。

OSはAndroidとWindow7の2種類あるようだが、機動力を考えるとAndroidだろう。最近は、Androidで使えるフリーソフトやツールがいろいろ出ているし、うまくチューンアップすれば、かなり実用的な使い道が出てくると思う。ビジネスユースでWindows7というのも、面白いかもしれない。少なくとも、iTune経由でなければ何も出来ないiPadよりは、自由度がある分魅力的だ。


関連記事:
東芝 Dynabook AZ ってどうよ (2010年7月4日)
東芝Libretto W100ってどうよ (2010年6月26日)
東芝のAndroidタブレット発表(2010年9月3日)

追記:どうやら正式に発表されたらしい。

ITMediaの記事:東芝、iPad対抗のAndroidタブレット「FOLIO 100」発表

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログランキング




人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by Fion at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。