2010年07月04日

東芝 Dynabook AZ ってどうよ

先日は、Libretto W100について調べてみた。今日は、同時期に発表になったDynabook AZについて見てみる。正直な感想は「ん〜、惜しい!」の一言に尽きる。

まずDynabook AZの一番の特徴は、OSにAndroidを採用していることだ。Androidは、もう知らない人はいないだろうけど、Googleが開発したLinuxベースのモバイル用OSだ。主としてスマートフォンを念頭において開発されている。つまり、軽い。

そのケータイ用OSが、ネットブックのような本体に積んであるのだ。スイッチをいれたら即起動、しかも長時間駆動だ。本体サイズは、262x190x21mmで重量は870g、iPadとほぼ同じ(2cmくらい長い)で、ちょっと重いくらいだ。発売価格は4万円代半ばくらいだそうだ。



《ハードウェア》

大きさと重さは、上述の通り。iPadくらいなもんだ。これで、2つ折りで、開くとキーボードとタッチパッドがついている。SDカードやSDHCカードに対応するメディアスロットが1つ、USB2.0のUSBポートが2つ(内1つはミニポート)、Webカメラ、ステレオスピーカー、モノラルマイクを内蔵していて、HDMI出力端子までついている。よくも、ここまで小さく作りこんだものだ。すごい。

CPUはNDIVIA Tegra250 1.0GHzというのが積んである。このCPU、デュアルコアなんだそうだ。Androidにデュアルコアなんて、贅沢だ。メモリは512MB、パソコンのハードディスクにあたるFlashメモリは16GB積んでいる。ディスプレイはLED液晶だ。十分だろう。

残念なのが、通信手段だ。無線LANとBluetoothしか積んでない。


《ソフトウェア》

欲しいものがあれば、Android用アプリを後から付け足せばいいのだが、Documents To GoのBasic Editionが最初から入っている。これで、Word、Excel、Power Pointが使えて、PDFファイルの閲覧もできる。

それから、どういうわけかEvernoteがプレインストールされている。Evernoterとしては、嬉しいかぎりだ。Android用のEvernoteアプリがどんなものかはよくわからないが、無いよりはいい。Webクリッパーは使えるのだろうか?ちょっと興味がある。

デ辞蔵が搭載されていて、英和、和英、国語辞典等が内蔵されているのは便利だろう。さらにFSKARENという日本語変換辞書が入っているが、これは使ったことがないからよくわからない。


《感想》

冒頭に「惜しい!」と書いた。何が惜しいかというと、限られた通信手段だ。東芝自ら「クラウドブック」と名付けているように、ネットに繋げる端末という位置づけの機種だ。なのに、事実上無線LANしかネットに接続する手段がない。これこそWiMaxか3Gを内蔵すべき機種だと思う。

ネットにつないでなんぼのマシンなのに、イーモバイルのPocket WifiやWiMaxのSpeed Wifiのような、無線LANルータを持ち歩くか、ホットスポットを求めて街中をさまよう事になる。

3Gは、日本の複雑な携帯事情からして難しいだろうから、せめてWiMaxを搭載して欲しかった。WiMaxのAndroid用ドライバがないのは知っているが、技術の東芝にとっては大した問題ではないだろう。是非挑戦して欲しかった。

とはいえ、この性能で4万円代というのは、非常に魅力だ。業務にも使える。Flashも動く。Android用のアプリも豊富だし、無料なのが多いのがうれしい。新しいのもどんどん出ている。拡張性は高い。SDHCカードが使えるので、データまるごとバックアップも可能だ。iTuneなんぞ使わなくても、単独で完結する。非常に魅力的な機種だ。


関連記事:
Toshiba SmartPadの噂 (2010年8月24日)
東芝Libretto W100ってどうよ (2010年6月26日)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログランキング




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

blogram投票ボタン

posted by Fion at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。